お問い合わせ

下記「よくあるご質問」もご参照ください。

 


よくあるご質問(Q&A)


PanoMeasureの2と3とは何が違うのですか?

PanoMeasure3は2の機能上位版です。

最も大きな違いは、PanoMeasure3では「複数画像による三次元計測」ができる点にあります。

例えば空中を走る配管等の計測も、PanoMeasure3であれば可能です。

このほか、PanoMeasure2の「点・線」に加えて「面」の作成に対応しているほか、

描画ツールとして「ボックス」「円柱」が増え、より手間のかからない作図ができるようになっています。

基本的な計測精度においてはPanoMeasure2とPanoMeasure3で大きく異なることはありません。

 

 

どのくらいの精度で計測できますか?

計測精度については様々な誤差要因があるため一概には言えませんが、

360度画像には元々微小な歪があるため、きわめて正確な計測はできません。

また、

 ・手動での計測となりますので作業者による精度のばらつきがあり得ます
 ・水平、垂直な平面をある程度仮定して計測するため、その条件が崩れると大きな誤差につながります
 ・カメラの機種によって画像生成の方法や解像度が違うため、この要素からも得られる精度が異なってきます

 

参考として、THETAのSを用い、適切な条件下で適切な設定をおこなって慣れた作業者が計測した場合で、
 ・カメラから1, 2m程度離れた位置にある対象物で数mm程度
 ・4, 5mになると数cm程度
 ・7, 8mになると場合により10cm程度

の誤差は発生することがあります。

ただし、誤差はこれらも含め多数の要因(カメラのレンズ歪、ジャイロの個体精度、実際の床面の水平精度、PanoMeasureでの水平調整作業精度…等々)の組み合わせにより程度が左右されますので、上例より良い精度で測れる場合もあれば、逆にさらに悪い精度となる場合もあります。あくまでも上例は目安としてお考えください。

 

これらのことから、基本的に「計測の精度を特に第一とするような用途(数mm・数十mm単位)」のご利用には向かない可能性がありますのでご注意ください。

 

 

どのようなカメラに対応していますか?

現在公式に対応している(弊社で実機で試験できている)のは

・insta360 の OneX / OneX2 / OneR

・Kandao の QooCam8K

・RICOH の THETA S / SC / SC2 / V / Z1

です。

これらのなかでは、特にinsta360のoneX / oneX2、QooCam8Kを推奨いたします。

これ以外であっても正距円筒図法の360度パノラマ画像を生成できるカメラなら使用することは可能ですが、

解像度やパノラマ画像自体の生成精度(スティッチング精度) が十分であるかはご注意ください。


 

屋外計測は可能ですか?

PanoMeasureは屋内使用を想定して作られたソフトウェアですので、屋外での使用は推奨いたしません。

ただし、求める計測精度が高くない、現場に水平面・垂直線などの基準となるものがある、各水平面とその奥行距離が分かっている、といったごく限定された場合であれば計測可能なこともあります。

なお、一般的な360度カメラではこのほか解像度の問題が加わりますので、基本的には屋内用途での使用をおすすめいたします。


 

製品にアップデートがあった際はライセンスの再購入が必要になりますか?

いいえ。PanoMeasureのライセンスは買い切り型で、バージョンアップ更新に伴う追加費用は発生しません。

自動アップデート機能がありますので、一度ライセンスを購入すれば、常に最新版をお使いいただけます。

※ただしPanoMeasure2とPanoMeasure3は別個のソフトウェアのため、アップデートはそれぞれの枠内でおこなわれます

 

 

PCごとにライセンスの購入が必要なのですか?

はい。PanoMeasureのライセンスは「PanoMeasureがインストールされるPC」と紐づけての設定となります。

複数台のPCにインストールする場合、同一人物のご利用であってもPCごとに1ライセンスが必要です。

 

 

1本のPanoMeasureを複数人で使用できますか?

はい。PanoMeasureの1ライセンスはあくまで「PanoMeasureがインストールされるPC1台」と紐づけになりますので、

1台のPCでご利用いただく限り、そのPCを複数人で共有使用しても、必要なライセンスは当該PC用1つのみです。

 

 

外部データの取り込みはできますか?

PanoMeasureでは、PanoMeasureで作成した独自形式のデータ(pmzファイル)のみ、インポートすることができます。

 

 

作図したデータを3D CADで使えますか?

PanoMeasureでは、作図したデータをDXFファイルにエクスポートできます。

DXFファイルを読み込める3D CADソフトであれば、PanoMeasureでの作図データをご活用いただけます。

※出力DXFファイルは3Dのため、2D CADソフト(JW_CAD等)では直接は読み込めませんのご注意ください。